WordPress

【WordPress初心者講座】ファイルの使い方

WordPress講座ファイルの使い方

【初心者講座第17回】ファイルの使い方

今回はメディアのフォーマットにある「ファイル」の使い方を説明した内容です

ファイルを使うと訪問者がデータをダウンロード出来るようになります
画像やPDFなどのデータを配布したときに使える便利なものです
では、解説します

迷える羊くん

スゴい文章を作ったから読者に届けたいな〜
この文章のデータごと記事に載せることは出来るのかな?

イキガネシニガネくん

それが出来るんだ
ファイルというのを使えば配布できるよ

今回の講座でこれが分かる!出来る!

この講座でこれが分かる!
  1. ファイルはどんなときに使うのか?
  2. ファイルを使う際の注意点
この講座でこれが出来る!
  1. ファイルブロックを使つことが出来る

ファイルはどんな時に使うの?

相手に配布したいデータがあるときに使用出来る!

配布したいデータがないなら使えない

自分のデータをファイルブロックを利用することで、読者に見せることが可能です
特にExcelやWordなどで作ったデータを表示出来たり、ダウンロードすることも出来ます


データがない場合、ファイルブロックは使えません

ファイルの見本

サンプル1:テキストとボタン表示

サンプル2:テキストのみ

サンプル3:ボタンのみ

このファイルには私が昔使っていたプロフィール画像です
誤ってクリックすると私の画像がダウンロードされますのでご注意を!笑

ファイルの使い方

手順の一覧

手順1:ファイルブロックを挿入

手順2:ファイルに加えるデータを選択

手順3:ファイル名を編集する(ここで完成)

手順4:その他の設定

では、4つの手順を1つずつ見ていきましょう

手順の解説

手順1:ファイルブロックを挿入する

① 左上の「+:ブロックの追加」を選択
② メディアの「ファイル」を選択

手順2:ファイルに加えるデータを選択

ファイルを選択すると、このような画面になります
この画面で、ファイルに入れるデータを選択してください

アップロード:自分のPCからデータを選択
メディアライブラリ:WordPress内に上げているデータから選択

手順3:ファイル名を編集する

ファイルのデータを選択すると、このような画面になります
ここではファイル名とダウンロードするボタンのテキストが自由に入力出来ます

*これでファイルの完成です

手順4:その他の設定

ここではファイルブロックの細かい設定です

リンク先:メディアファイルか添付ページのどちらかを選べる

ダウンロードボタンの設置:ボタンを設置のON・OFFが選べる

ダウンロードボタンがあると、ワンクリックで直接相手のデバイスへダウンロードしてくれます

ファイルの注意点

Excel、Word、Numbers、Pagesなどで作成したデータはそのままファイルブロックへは挿入出来ませんので、PDFに変換しましょう
PDFに変換することでファイルブロックに挿入出来ます

エクセルなどのデータは「PDF」に変換する必要がある

まとめ

  1. データを配布することができる
  2. 一部のデータはPDFにする必要がある
  3. データの配布以外に使う用途はない
イケてる羊くん

なるほど、これは良い
自作の最高画像をファンの子に配布できるぜ

イキガネシニガネくん

ファンいたの!?
(しかも自作の画像ってなんだ?)


-Fin-

にほんブログ村へ参加中