WordPress

WordPressで文字の大きさ・配色を自由に変えてみよう

こんにちわ、皆さん

ハローエブリワン

イキガネシニガネくんです

今日はWordPressで文字を自由にイジろうの巻です

第4回ブログ講座「文字を自由にイジろう」

この記事を読んだらこれが出来る

WordPressで文字を自由にイジることができます

文字の色や大きさを変更するにはコードエディターでHTMLタグを入力しないといけません

<font size=”7″></font>

と入力すれば、文字のフォントが7のサイズになります

<color=”#00ff00″>は緑色の文字になります

このように文字の大きさや色を変えるには、なかなか手間が必要だったりこのコードを覚えるのも苦労すると思います

ですが、これらを使わずに簡単に文字をイジることが出来るんです

例えばこんな感じです

あああああ

文字もなんてカラフルなんだ

背景もなてカラフルなんだ

これが出来たら強調したい部分や表現が格段に上がると思います

では、早速やり方を説明しましょう!

手順

① プラグインを入れよう

② 設定しよう

③ 使ってみよう

プラグインを入れよう

文字を自由にイジるのに必須なプラグインは

TinyMCE Advancedです

ダッシュボードでプラグインを選択

キーワードでTinyMCE Advancedと入力してプラグインを有効化しましょう

設定しよう

TinyMCE Advancedを入れたままの状態では文字全体の大きさ、文字の色と背景色は変更できます

しかし、一部の文字を大きさを変更したい場合は少しTinyMCE Advancedの設定を変更しないといけません

簡単にヒョイっと設定を変更しましょう

ダッシュボードの設定でTinyMCE Advancedを選択して下さい

ここの設定画面でフォントサイズというのがあると思います

これを上のツールバーへドラッグ&ドロップして下さい

これで一部の文字の大きさを自由に設定出来るようなりました!

使ってみよう

さぁ、下準備は整いました

あとはあなたのWordPressで文字を思うがままに扱って下さい

赤矢印を見ていただければ分かると思います

上から順にフォント、文字色、背景色になっております

一部の文字の色や大きさを変更したい場合は、クラシック段落にしてからしましょう。

設定を変更してれば、選択した部分だけ文字の大きさを変更できるはずです

*注意点*

グーテンベルクはブロック単位なので、文字の色やサイズを一部変更することは出来ません

したがって、段落をクラシック版に変更してから文字サイズを変更しましょう

まとめ

WordPressで文字を自由に扱いたいならTinyMCE Advancedというプラグインを入れよう

初期設定では文字の色・文字の背景色・ブロックの文字サイズは変更できる

一部だけ文字のサイズや色を変更したのならTinyMCE Advancedの設定を変更して、グーテンベルクならクラシック段落に変更して使おう


さぁ、これであなたも文字マスターだ!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
アバター
イキガネシニガネくん
副業初心者でも行動力と継続力だけで月4桁は稼げる副業情報を発信中。この記事を読んで気に入って頂けたら、下のアイコンからTwitterのフォローをお願いします。
RELATED POST