レシートで副業

【口コミ】Dr.Walletでポイントは稼げるのか?現役ユーザーが評価

Dr.Walletでポイントは稼げるのかを現役ユーザーが評価

家計簿アプリ「Dr.Wallet」でポイントを貯めれることは知っていますか?

今回はDr.Walletを家計簿アプリとしてではなく、ポイントを稼ぐアプリとしてどうなのかを評価しました。

結論を言うと、ポイントを貯める目的での利用はオススメしません。

しかし、レシートアプリを複数している場合はオススメできます。

この記事を読めば、Dr.Walletでどのくらいポイントが貯めるのか分かります。

ポイントを貯める目的で利用するかしないかの判断材料として読んでいただけると幸いです。

イキガネシニガネ くん

<実績>

  • レシートアプリは10種類利用中
  • レシートアプリで稼いだ金額は2,000円以上
  • Dr.Walletの利用は半年以上

この記事は家計簿アプリの評価で書いておりません。

Dr.Walletは稼げるポイントが少ない

Dr.Walletで稼げるポイントは少ない

Dr.Walletは毎週1回、指定された商品を買うと必ず10ポイントをもらうことができます。

よって、月に稼げるポイントは0〜50ポイントです。

貯めたポイントはAmazonギフトカードやWAONポイントなどに交換できます。

ポイント関連で他のレシートアプリと比較した表を以下にまとめました。

項目 Dr.Wallet 他のレシートアプリ
1ヶ月のポイント数 0〜50 0〜1,000(平均100)
ポイントの交換先の数 3つ 10〜28つ
ポイント対象 指定された商品の購入 レシートの撮影など
交換に必須なポイント 300ポイント 281ポイント〜
交換の手数料 0円 0〜280円
交換可能になるまでの日数 7〜8ヶ月 1ヶ月〜

Dr.Walletは家計簿がメインで、おまけ程度にポイントがもらえると理解しておきましょう。

Dr.Walletをオススメする人

Dr.Walletをオススメする人

Dr.Walletをポイント目的でオススメするのは以下の人です。

  • Dr.Walletを家計簿アプリとして利用する人
  • レシートアプリを複数している人
  • Amazon、WAON、nanacoを利用する人

つまり、これらに該当しない人は利用をオススメしません。

他のレシートアプリと比較して多くポイントがもらえるわけでもなく、交換先も3つしかありません。

なので、レシートアプリを初めてやるならDr.WalletよりCODEやONEをした方が稼げますよ。

レシートアプリを複数やるなら、Dr.Walletを検討してもいい。

Dr.Walletの使い方

Dr.Walletの使い方

ここではポイントをもらう方法とポイントを交換する方法、注意点をまとめました。

実際のアプリの画面を使ってそれぞれ説明します。

Dr.Walletでポイントをもらうのは、レシートを撮影して終わりなので簡単ですよ。

ポイントをもらう方法

STEP1:「キャンペーン一覧」より「週替わりクーポン」をタップする

「参加はこちら」をタップする

Dr.Walletの週替わりクーポン

STEP2:「レシートを撮影する」をタップする

Dr.Walletでレシートを撮影

STEP3:レシートを撮影する

撮影画面に切り替わるので、対象商品を買ったレシートを撮影します。

レシート撮影画像
週替わりクーポン終了時

すでに利用した場合、赤枠のように「応募済みレシート一覧」に変わります。

コーヒーのキャンペーンがあった場合

メーカー問わずコーヒーを買えば、ポイントがもらえます。

ポイントを交換する方法

Dr.WalletではAmazonギフト券、WAONポイント、nanacoポイントの3つに交換できます。

300ポイントで交換して、300円分のギフト券かポイントがもらえます。

STEP1:ホーム画面下の「キャンペーン一覧」より「すべて見る」をタップ

すべてを見るをタップする

STEP2:「ポイントを使う」をタップ

ポイントを使うをタップ

STEP3:交換したいものを選んで「300Pで購入する」をタップ

ポイントを交換する

使用上の3つの注意点

Dr.Walletの注意点を3つ解説します。

  1. ポイントを交換できるまで半年以上かかる
  2. アカウントを複数作るとポイントが消失する
  3. レシート撮影時の注意点

ポイントを交換できるまで半年以上かかる

キャンペーンが少ないので、月に50ポイント貯めるのが限界です。

また、そのキャンペーンも日頃購入しない商品が対象になるときがあります。

私も実際に半年間利用していますが、未だに300ポイントを貯めることができていません。

他のレシートアプリと比べて長期間利用する必要があるので注意しましょう。

ポイントが消失する場合あり

誤ってアカウントを2つ作ると新しいアカウントに上書きされて、ポイントを消失します。

私の場合、Dr.Walletをアプリと違うアカウントで誤ってPC版で登録してしました。

すると、アプリを開くとPC版のアカウントに上書きされてポイントを全て消失しました。

アカウントは共通にする、もしくはPC版に登録してからアプリをダウンロードするのをオススメします

Dr.WalletをアプリとPC版の両方を利用すると、ポイントが消失する可能性がある。

レシート撮影のコツ

Dr.Walletに送るレシートは、きちんとしたものでないとポイントをもらえません。

なので、以下のルールは守ってレシートを撮影しましょう。

  • 対象期間内のレシートであること
  • レシートの印字が読めること
  • 商品名、価格、購入日時、店舗名、電話番号が印字されている
  • 画面内にレシートが収まっていること
  • ネットで買ったなどレシートがない場合は対象外
  • レシートに印字された商品名が不明な場合、対象商品を横に置いて撮影する

対象期間はキャンペーンに記載さていますが、基本1週間です。

レシートが長い場合は切って横に並べて、撮影してもOKです。

ポイント目的で使うDr.Walletの口コミ

Dr.Walletの口コミ

家計簿アプリとしての口コミはあるのですが、ポイント面で書かれた口コミはありませんでした。

なので、Dr.Walletをポイント目的で利用している人はいないということでしょう。

もし、ポイント目的で使う場合はこの記事を参考にして頂けると幸いです。

Dr.Walletで口座連携するのは危険なのか?

Dr.Walletの危険性を紹介

ポイント目的場合、口座連携しなくてもポイントはもらえるので安心してください。

「Dr.Walletは危険なのか?」と検索する方もいるので、アプリの危険性について解説します。

レシートを送ったら「誰に」「どんな目的」で使われるのか?

それを知ることで危険そうなのか判断できるはずです。

Dr.Walletの運営会社

Dr.Walletはどんな会社が運営しているのでしょうか?

運営会社の情報が公開されていれば、安心できる材料になります。

運営会社 株式会社BEARTAIL
住所 東京都千代田区神田駿河台2‒2 御茶ノ水杏雲ビル5F
設立日 2012年6月26日
資本金 100百万円
HP https://beartail.jp
その他 プライバシーマーク、ISO/IEC 27001の取得

適正に個人情報を扱うかの外部審査を受けて、プライバシーマークとISO/IEC27001を取得されています。

なので、Dr.Walletも個人情報をきちんと扱ってくれるアプリと言えますね。

アプリのダウンロード数

Dr.Walletは2020年5月現在、150万DLを突破しています。

ダウンロード数を公開しているレシートアプリでは3番目に多いアプリになります。

たくさんのユーザーが使っているのは安心できますね。

何かわからないときは、検索で口コミを見れるのも嬉しいですね。

レシートはなぜ売れるのか?

結論を言うと、レシートに印字された情報を企業が欲しくて買っているからです。

レシートはPOSデータといって「誰が」「何を」「どこで」「いつ」「どのくらい」買ったかが分かります。

企業はこのデータも参考にして、商品やサービスの開発などをしています。

つまり、レシートで私たちと企業はWINWINの関係になっているのでこのビジネスが成立しています。

Dr.Walletのビジネスモデル

アプリの安全性

Dr.Walletの安全性を証明する理由は3つあります。

  • Amazonのセキュリティーを使用して暗号化している
  • 情報を適切に管理するISO/IEC27001を取得している
  • 個人情報を適切に扱うプライバシーマークを取得している

この3つに共通しているのは、個人情報を厳重に取り扱っていることです。

いずれも外部の審査を合格して、適切に個人情報を扱う会社と認められいます。

これら取得しているので、個人情報に関しては信頼できますね。

ちなみにアプリ内で個人情報の扱い方は見れるので、興味のある方は是非ご覧ください。

ホーム画面の右下にある「設定」をタップ。

設定ページ下部にある「このアプリケーションについて」をタップ。

ここで規約等が見れる。

Dr.Walletで規約へのページ案内

Dr.Walletは有料と無料プランがいい?

Dr.Walletは有料と無料どっちがいい

Dr.Walletは無料と有料プランがありますが、ポイント目的で利用するなら無料プランにしましょう。

有料プランと無料プランの違いを表にまとめました。

  有料プラン 無料プラン
使用料金 600円 0円
登録できるレシート枚数 120枚 100枚
その他 CSVエクスポートなど

Dr.Walletは家計簿アプリで、端末以外にもPC、Apple Watchで利用することが可能です。

また、アカウントとパスワードを共有することで家計簿を家族で使えることも可能です。

さらにscansnapという機械を購入することでレシートなどをスキャンしてDr.Wallet内に取り込めますよ。

ポイント目的だとDr.Walletに送るレシートは5枚程度なので、無料プランでOK

Dr.Walletの退会方法

Dr.Walletの退会方法

退会するとアカウント情報は復元されません。

家計簿情報やポイントは消失しますので、誤って退会しないように注意しましょう。

退会は以下のようにすれば可能です。

STEP1:ホーム画面の設定よりアカウントをタップ

アカウントをタップする

STEP2:アカウントページ下部の退会をタップ

退会をタップ

STEP3:アカウント削除を退会するをタップ

引き続いて、確認画面が表示されたら「退会する」をタップ

退会するをタップ

STEP4:パスワードを入力する

パスワードを入力する

もし、パスワードを忘れた場合は再発行できるので安心してください

パスワードの再発行

STEP5:退会完了

以上で退会の操作は完了です。

操作が完了しても退会した状況によっては、Dr.Walletからメールが届く場合があります。

機種変更時のデータの引き継ぎ方法

Dr.Walletで機種変更した場合

Dr.Walletで機種変更した際のデータ引き継ぎは簡単です。

アプリをダウンロードして、使用しているアカウントでログインすれば完了です。

機種変更する前に同期は必ずしておきましょう。

【まとめ】Dr.Walletを個人的に評価

Dr.Wallet単体はポイント目的で使えないというのが、私の評価です。

評価理由
  • ポイントの案件が少ない
  • ポイント交換までに7ヶ月以上かかる
  • ポイントの交換先が少ない

ポイントは稼げませんが、個人情報の取り扱いなど安全面ではオススメできるアプリです。

今後、稼げるポイント数やポイントの交換先が増えるとまた再評価したいと思います。

私は複数のレシートアプリをしているのでDr.Walletも利用させていただいています。

そもそも1つのレシートアプリでは、稼げないのが現状です。

なので、より多く稼ぐには複数のレシートアプリを併用してやるのが必須条件です。

もし、Dr.Wallet以外のレシートアプリで稼ぎたいなと思ったあなたにオススメの記事を紹介します。

<現在、作成中>

さぁ、あなたも副業をして自分の欲しいを叶えよう

今回紹介したアプリ

家計簿 Dr.Wallet-人気の簡単家計簿(かけいぼ)
家計簿 Dr.Wallet-人気の簡単家計簿(かけいぼ)
開発元:BEARTAIL Inc.
無料
posted withアプリーチ
ABOUT ME
イキガネシニガネくん
アプリとブラウザサービスで月1万円稼ぐ副業を紹介。まずは小さく稼いで「自分でも副業をやって稼いだぞ!」と自信を持ってほしくて情報発信しています。この記事を読んで気に入ってくれたらとても嬉しいです。
おすすめ記事